尿酸値ストップ
尿酸値を抑えるにはザイロリックに限る   >   尿酸値があがる原因・遺伝子

尿酸値があがる原因・遺伝子

遺伝子

生きてきた生活環境によって、人の得意・不得意は変わっていきます。
山や海で生きてきた、ITをしらない人が、今日からプログラミングを教えるからやれと言ってみても、かなり現実味の低い話でしょう。
逆にネットの中だけで生きてきた人が、今日から君は文明の益の及ばぬ無人島で生きていけと言われても無理な話です。
しかし、稀にここまで極端な例えではなくても、何も知らない自分が不利な立場からとんとん拍子に環境に適応していける人もいます。
それはいわゆる才能という力であり、その下限を鍛えることはできても上限を鍛えることはできません。

スポーツで例えた場合、どんなに運動音痴の人でも、時間をかければ人並みに動けるようになるかもしれません。
しかし、そこからプロのレベルまで上げようと思ったら、並大抵の努力や才能ではのし上がることはできないということです。

そしてその才能は、遺伝子によってある程度決まっており、痛風になりやすさにも遺伝子(才能)が関係しています。
要するに、痛風になりやすい(不得意)人となりにくい(得意)人が存在するということです。
病気を発症している人の中には、このように遺伝的な要因が影響していることがあります。
痛風の場合だと、全体の2割ほどが、稀に遺伝的な要因が影響していると言われており、父親や伯父、兄弟、従兄などの遺伝が近い方に痛風を患っている方がいて、遺伝的要因がその他の要因と合わさって、痛風になったといえます。
残りの8割は、遺伝的要因とは無関係であると言えます。

上記からもわかる通り、100人いれば20人は痛風になりやすい人がいるということになります。
自分の近くに痛風患者がいる場合は、他の人よりもより注意して、痛風予防をする必要があります。