尿酸値ストップ
尿酸値を抑えるにはザイロリックに限る   >   尿酸値があがる原因・環境

尿酸値があがる原因・環境

食生活

痛風になる人の多くが、生活環境の悪さが原因で尿酸値が上昇し、その上昇した数値が下降することなく上昇した所で滞在し続けることでいることから起こっています。
尿酸値が上がったまま、下降することがないということは、尿酸値が上昇した原因である偏った食生活の改善や、不規則な生活環境を見直していないということであり、その生活を続けていると、間違いなく痛風が治ることもなく、痛風ではない人も痛風になってしましいますので、改善する必要があります。

食事環境は、尿酸値にとても影響します。
まだ、海外の文化があまり入ってきていない明治時代前の日本では、食べ物が欧米化していなく、今と比べるとファーストフードや大量の肉などはなく、大変質素な食生活をしていましたので、痛風と言う病気そのものがありませんでした。
肉や海物は痛風の確率をあげ、野菜や乳製品はさげると考えられています。

不規則な生活習慣も尿酸値に影響があります。
不規則な生活や仕事でたまる疲れやストレスは、尿酸値を上昇させます。
実はストレスがなぜ尿酸値を上昇させるのか詳しい詳細は分かっていません。
しかし、ストレスを受けた時にアドレナリンが分泌され、アドレナリンにある血管収縮作用から、血管が縮まり、血液量と共に尿の量が減る為だと言われています。

飲酒も尿酸値に影響があります。
服用したアルコールは、体内で分解されるとき、尿酸が一緒に生成されます。
また、同時に乳酸が尿酸を体内に蓄積する効果がありますので、その効果によって尿酸値が上昇すると言われているのです。
長期にわたる研究によると、特にビールをのむと痛風になる確率が上がることが分かっております。
それにくらべて、ワインは微量ではありますが、確率をへらす結果がでています。