尿酸値ストップ
尿酸値を抑えるにはザイロリックに限る   >   尿酸値が高いとどうなる?

尿酸値が高いとどうなる?

疑問

痛風になるには、尿酸値が高く高尿酸血症だから痛風になりやすいだの、食生活が悪く不規則な生活やスロレスからも痛風になると言われおり、結局尿酸値が高いのが問題なの?と思う方もいるかもしれません。
そこで、今回は尿酸値が高いと、体にそんな悪い影響を与えているかの説明を紹介しています。
痛風の原因として挙げられる尿酸値の高さは、痛風以外にどんな病気を引き起こしてしまうのか。

まず、自分の尿酸値を目にする機会があるのは、健康診断です。
そこで尿酸値が高いと診断されても、特に自覚はないと思います。
尿酸値の増加が長く続くことでおこる高尿酸血症は、自覚症状があまりなく、軽率されがちですが、この症状が長く続けは、かなり危険な病気にまで発展します。

その1つとして「そよ風が当たっても痛い」で有名な痛風なのです。
痛風は一度なってしまうと、ほとんど完全に完治する事はなく、もしか発症してしまうと一生付き合っていかなければなりません。
また、痛風以外にもいろいろな合併症として、尿路結石、心筋梗塞、脳卒中、高血圧症、糖尿病、高脂血症などなど沢山あります。

尿路結石と言えば「痛みの王様」と呼ばれるほどの激痛を伴う病気です。
正直、痛風の痛い以上に激痛がおこると思ってもらってもかまいません。
この尿路結石の症状が出た場合、性器のではなく腰背部やわき腹部分で痛みが発生するようです。

発熱や吐き気、血尿があるうえに、再発しやすい病気でもあります。
心筋梗塞や脳卒中の恐ろしさは言うまでもないでしょう。
年間13万人以上の脂肪が確認されている恐ろしい病気です。
高血圧症、糖尿病、高脂血症などは、生活習慣病の一種でありますが、どちらの病気も合併所を引き起こしやすく、長引けは命にかかわるのは間違いありません。