尿酸値ストップ
尿酸値を抑えるにはザイロリックに限る   >   尿酸値を抑えるザイロリック

尿酸値を抑えるザイロリック

ザイロリック

痛風薬で有名なザイロリックですが、どのような効果があるのか知っていますか?
ザイロリックの本当の効果を知らないで使用している、痛風患者や痛風予防者も多いのではないでしょうか?
ザイロリックにはどのような効果があって、痛風を抑えたり予防しているのか、こちらではザイロリックの効果の詳細を紹介していきます。

痛風薬であるザイロリックの有効成分はアロプリノールは尿酸降下剤と呼ばれており、その中でも、尿酸の生成を抑制する尿酸産生抑制剤です。
基本、体内でも尿酸は作られています。
体内で作られた尿酸と体外から入ってくる尿酸を、毎日一定量になるように生成・排泄されています。

かし、飲酒や食事により体外から吸収される尿酸がおおくなり、排泄が間に合わなくなったりした時や、肥満やストレスの影響で尿酸を排泄する量が減少てしまった時などに、その一定のバランスが崩れてしまい、血液中に尿酸の量が多くなってしまいます。
一定のバラスが崩れ、尿酸の排泄が間に合わず血液中に漏れだし、その状態が続いた時、高尿酸血症になってしまいますが、尿酸産生抑制剤であるアロプリノールを、定期的に服用することで、そのバランスを保ってくれます。
高尿酸血症が長引けば、痛風だけでなく尿路結石や腎障害などにもなりかねませんので、早期治療が大事になります。

このアロプリノールは痛風発作の痛みを抑えることも、腫れを引かす作用もありませんので、痛風発作が起きてから痛み止めの薬の感覚で服用しても意味はありません。
毎日、又は定期的に服用することで、体内になる異常な尿酸を減らして、痛風発作をおこさないためや、腎臓の負担を軽減する薬になります。